ホーム > 事例紹介

事例紹介

離婚裁判で、面接交渉権を多く勝ち取った

相談者の方は、30代前半の男性でした。

5歳ほど年下の女性と結婚しましたが、奥さんが家事をやらないことが原因で夫婦関係が悪化し、離婚をすることになりました。双方、離婚すること自体には合意したものの、親権と面接交渉権についての条件面はお互いに譲らず、家庭裁判所で調停をすることになりました。
そこで、親権は母親の方に持たせることは合意できましたが、面接交渉権の回数についてはやはり解決せず、ついに裁判で争うことになりました。そこで、相談者の主張が認められ、裁判官が母親を説得する形で和解が成立しました。

解決したこと、得られた権利通常よりも多い面接交渉権を得ることができた
解決までの期間およそ1年
費用およそ60万円

メールが証拠となり婚約破棄した相手から慰謝料を勝ち取った

相談者は20代半ばの女性でした。

合コンで出会った男性と付き合い、結婚についても話をするようになっていましたが、男性側が一方的に婚約を破棄したため、慰謝料を請求しました。
この時、相手方も弁護士を付けて慰謝料の減額を要求してきましたが、メールに結婚をほのめかす内容や子供についての記述があったことが決定的な証拠となり、慰謝料を勝ち取ることができました。

解決したこと、得られた権利慰謝料110万円
解決までの期間およそ6ヶ月
費用およそ30万円

加害者の勤務先へ働きかけることで、しつこいストーカー行為をやめさせた

相談者は20代の女性。

過去に交際していた男性がストーカーとなり、しつこく家に訪問されていました。警察へ協力を依頼し、まずは口頭注意、その後中止命令を出したことでストーカー行為はしばらくなくなりました。しかし、数ヶ月が経過したところで再び男が家にやってきました。
ここで、弁護士から加害者の職場の上司に状況を説明、さらに給与の仮差し押さえをしたところ、加害者は自分のしていたことの重大さに気付き、ストーカー行為を止め、親と一緒に謝罪をしました。

解決したこと、得られた権利ストーカー行為がなくなった
解決までの期間およそ6ヶ月
費用およそ60万円(うち、40万円は給与仮差し押さえの費用)

親族へ協力依頼することで、DVをやめさせた

被害者は20代の女性でした。

同棲中の交際相手から暴力を受けており、顔が痛々しく腫れた状態で相談に来ました。まずは、証拠として顔の写真を取らせて頂いた後、すぐにシェルターに移ってもらい、これ以上暴力行為を受けないようにしました。
加害者の男性は派遣社員だったこともあり、給与差し押さえはあまり効果がないと判断。加害者の家族に協力を依頼したところ、仲の良いお姉さんが説得にあたりDV行為はなくなりました。

解決したこと、得られた権利DV行為がなくなった
解決までの期間およそ1ヶ月
費用およそ30万円
 

不倫に伴う慰謝料請求額を減額

妻のいる男性と不倫交際されて男性の妻から慰謝料を請求されるも、「共同不法行為」の法理論で減額させた。

相談者は30代前半の女性でした。
勤務先の40代前半の上司に仕事の悩みを相談するうちに深い仲となり、1年程不倫の関係が続きました。上司のメールを妻が見たことから不倫が発覚し、女性は妻から200万円の慰謝料を請求されました。この場合は夫(上司)と女性が共同で妻の権利を侵害していると法律的に捉えることができ、夫と妻は家計を共通しておりますので夫の負担分は夫婦間で精算されたとみなすことができます。そうすると女性は自分の負担分のみ支払えば良いことになり、具体的に夫(上司)の負担分と女性の負担部分は5分5分なので、それを基準として早期解決のために若干負担分をアップして多めに支払うことで早期解決ができました。

解決したこと、得られた権利当初請求されていた慰謝料額を相当程度減額することができた
解決までの期間およそ3ヶ月
費用およそ35万円
 

内縁関係のトラブル解決事例

相談者は30代後半の女性でした。

約10年間内縁関係にあった内縁の夫が他の女性を好きになって交際し、その女性と結婚するために一方的に内縁の妻に内縁関係の解消を申し出ました。内縁関係の解消を言い出した内縁の夫、及び内縁の夫と不貞交際をしていた女性に慰謝料を請求し2人で共同して300万円を支払ってもらいました。また、内縁期間中、内縁の夫婦の財産は約300万円増加したことを理由に財産分与として半額の150万円を支払ってもらいました。

解決したこと、得られた権利内縁関係解消に伴う慰謝料として300万円(内縁の夫と相手の女性から)、財産分与として内縁の夫から150万円を支払ってもらえました。
解決までの期間およそ6ヶ月
費用およそ85万円