夫・妻の不貞行為に関する慰謝料問題の事例

 

不倫に伴う慰謝料請求額を減額

妻のいる男性と不倫交際されて男性の妻から慰謝料を請求されるも、「共同不法行為」の法理論で減額させた。

相談者は30代前半の女性でした。
勤務先の40代前半の上司に仕事の悩みを相談するうちに深い仲となり、1年程不倫の関係が続きました。上司のメールを妻が見たことから不倫が発覚し、女性は妻から200万円の慰謝料を請求されました。この場合は夫(上司)と女性が共同で妻の権利を侵害していると法律的に捉えることができ、夫と妻は家計を共通しておりますので夫の負担分は夫婦間で精算されたとみなすことができます。そうすると女性は自分の負担分のみ支払えば良いことになり、具体的に夫(上司)の負担分と女性の負担部分は5分5分なので、それを基準として早期解決のために若干負担分をアップして多めに支払うことで早期解決ができました。

解決したこと、得られた権利当初請求されていた慰謝料額を相当程度減額することができた
解決までの期間およそ3ヶ月
費用およそ35万円