ホーム > 弁護士費用

弁護士費用

弁護士に相談するにあたって、費用の面が心配だという方は多いと思います。

当事務所では、少しでも相談時の不安を軽減するため、目安となる費用をこのページで公開しております。

ただし、ご相談の内容によって変動があり、下記はあくまでも目安であることをご承知頂ければと思います。実際にかかる費用につきましては、もちろん案件に取り掛かる前にきちんとご説明させて頂きますのでご安心ください。

弁護士費用の基本的な考え方

法律相談費用

弁護士が直接お会いし、相談をお受けする際に支払って頂く費用です。
当事務所では、30分ごとに5,000円(消費税別)頂いております。
※離婚を含む男女問題に関する相談であれば、初回のご相談料は60分まで無料となっております。
但し、ご来所して頂いた方に限らせて頂きます。

着手金

実際に、案件を弁護士に依頼すると決めて頂いた際に、お支払い頂く費用です。
金額は、相手に請求する金額、こちらが主張する権利、実際に行う法的な手続き内容などによって異なります。下記の表を参考にして頂ければと思います。

報酬金

相談内容が解決、もしくは一部解決した場合に、お支払い頂く費用です。
こちらも、金額は、相手に請求する金額、こちらが主張する権利、実際に行う法的な手続き内容などによって異なります。下記の表を参考にして頂ければと思います。

離婚案件着手金報酬金
協議離婚・調停離婚25万円25万円
裁判離婚30万円30万円

※「協議離婚」「調停離婚」「裁判離婚」については、こちらで説明しております。
※「協議離婚」や「調停離婚」から相談を受けていて、その後「裁判離婚」へ移行した場合は、新たに30万円が必要なわけではなく、差額の+5万円のみ追加費用が発生します。
※8%の消費税が加算されます。

慰謝料などの経済的利益が発生する場合着手金報酬金
300万円以下の部分8%16%
300万円を超え3,000万円以下の部分5%+9万円10%+18万円
3,000万円を超え3億円以下の部分3%+69万円6%+138万円
3億円を超える部分2%+369万円4%+738万円

※8%の消費税が加算されます。

実費

法的な手続きなど、トラブル解決のために欠かせない経費です。
具体的には、収入印紙・郵便切手・謄写・交通・通信・宿泊などがあります。遠方出張がなければ、通常3万円程度で済むことがほとんどです。案件の内容によっては、事前に見込み費用をお預かりする場合もあります。

日当

弁護士が遠方に出張をする必要がある場合に発生する費用です。